5月29日に、なんだこれは!となった話

 

ブログの書き方を反省している。

 

朝起きて、前日書いたブログを読み返し、「なんだこれは!」と、なってしまった。
もう、読んでるだけで、怒りと照れと恥ずかしさに襲われてしまう。とにかく、クサイのだ。屁かよ。

 


僕は自分の書く文章が好きだから、めったにそんなことはないんだけれど、昨日の夜のブログは本当にダメですね、ありゃダメだ。

 


たぶん、疲れ切った身体を布団に横たえて、ウトウトとしながら書くのがいけないのだろう。

 

やたら、凹んだ・落ち込んだというような内容で書き出して、
めったら、やってやる!みたいな内容で締めくくられている。

 


いつからこのブログはこんなにもポエミーになってしまったんだ。恥ずかしいったらありゃしない。

 

 

人間、クサイ詩を書きたくなると、いよいよ以ってヤバいのかもしれない。
こうして、黒歴史は増えていくのだ。


僕の明日は何色だ。