読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月24日に、昨日の日記を書いた話

 

昨日は今日書いた昨日の日記の通りだったので、昨日の今日であるところの昨日、その日記を書くことなく眠ってしまい、それゆえ、昨日の明日である今日、今日から見た昨日である昨日の日記を、書いたのである。

 

 

 

と、ここまで、3月24日の夜に、僕は書いた。

が、ぼーっとしていて、更新が遅れてしまったので、上に書いた昨日や今日や明日という日付全部一つずつずれることになる。

ここから先も、同様だ。諦めてくれ。

眠って起きるまでが、今日なのだと思ってくれ。

 

 

 


昨日から見ての明日である今日は、朝からお勤めだったので、特段面白いこともなかった。

 

出勤して、仕事をして、退勤したのである。
強いて言うなら休憩時間に、昨日の日記を書いていたくらいのことだ。

 


で、日記を書いていた時のこと。
件の相棒から、LINEが入ってきた。夜、大阪にいるから、飯に行こうと言う。
彼奴と会うのは例の旅行以来で、正直なんか、照れくさかった。友情とはそう言うものである。照れくさいし、青臭いのだ。


桜橋口で合流して、梅三小路に向かう。お好み焼きを食べよう、と思っていた。

 

 

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170325002441j:image

 

 

ら、なんかやってた。ラーメン天下一なんとか、とか。


チケット制で、一杯800円。ちょっと割高だけど、こういうのは、お祭り気分が大切なのだ。

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170325002502j:image

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170325002508j:image

 

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170325002514j:image

 

 

 

写真だけ見ると、ほんと不味そうだね、暗いところで、食べ物の写真撮るもんじゃない。

美味しかったけどね。

 

 

ラーメン食って、さっさと帰った。なんて店のなんてラーメンかも忘れるくらい、僕たちは適当に、イベントを楽しんだ。
そうそう、宮田麺児、だけは覚えている。おいしいよね。

 


ラーメン食って、JRに揺られて、さっさと帰った。
帰り道、セブンイレブンで、瓶の酒と、一升パックの酒を買った。
パックは、神様へのお供え用。
ビンの酒は、僕が飲む用。


レジの店員は、
「どんだけ飲むんだよ」
って顔してた。顔に出しちゃう、まだまだ未熟な店員。


酒の入ったビニール袋片手に、坂を上り、神社に参って、帰宅。
ぼーっとしてるうちに時間が過ぎて、今になってしまった。


瓶の酒を開けて、ひとり、飲んでいる。


ふと、大喜利がしたいな、と思った。