読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月1日に、バナナはおやつに入らないと思った話

 

断食を始めてわかったことだが、空腹はある地点を過ぎると常態化する。
常にお腹が空いているもんだから、お腹空いたなと思う瞬間がない。


代わりに、常に気持ちが悪いのだ。
パソコンに向かっていようが、ノートにメモを取っていようが、歩いていようが、座っていようが。
常に「なんか違うぞ・・・?」という違和感を、身体が感じ続けている状態。

即身仏は本当に偉い。
ただ僕の場合、水分は自由に取れるから、厳密にいえば、断食でもないのだけど。


とはいえ、
「どこまでが水分なのか?」
という疑問もある。
コーンスープは水分なのかと聞かれて、簡単に頷くわけにもいくまい。

だからと行って、お茶やコーヒーばかりを昼飯にするというのも、文字通り味気がない。


どうしたものかと悩んだ末に、お昼ご飯はバナナジュースにした。東梅田。
少なくとも今の僕に取って、バナナはおやつに入らないのである。

 

大喜利帝王賞の回答を考えながら、5分で飲み干した。

断食が終わったら、何を食べようかと考えている。f:id:tagosaku_D_54:20170301200126j:image