2月28日に、コーヒーがおいしくなってしまった話

 

研修二日目だった。
大学の講義みたいな研修で、忘れていた感覚を思い出す。

研修生は6人から4人に減っていた。これだから現代っ子は。

残る4人の内、ひとりは1分遅刻してきた。硬いこというなよぉ、とのたまっていたが、それを僕に言わないでほしい。


研修序盤、講師の社員さんが、研修生のプロフィールを訪ねる時間があった。
遅刻してきた彼は、ジムのトレーナーなのだと、大胸筋を張って答えた。
「体育会系が遅刻すんなよ」
と思った。


お昼ご飯は100円コーヒーにした。断食中だというのに、砂糖とミルクをひとつずつもらう。何の気なしに入れてから、あっ!と気づいた。時すでに遅く、コーヒーは美味しくなってしまった。

 

f:id:tagosaku_D_54:20170228194116j:image