もののけ姫考察

もののけ姫考察⑥

●神認識の誤認 要するに、何が言いたいかというと、 もののけ姫の作中において、シシ神こそが唯一真の神、絶対他者である本当の神であり、 もののけ達はそうではなかった、ということだ。 この一点、ただこの一点を、作中登場するほぼ全てのキャラクターが、…

もののけ姫考察⑤

●変えられなかった神、僕のついた嘘 さて、ようやく、ようやくたどり着いた、おしまいのくだりである。 冒頭記した、 「神が神でなくなる時代に、神が変えられなかった物語」 という表現の意味を、ようやくここで、語ることができるのである。 第一項で明言…

もののけ姫考察④

●アシタカは旧人ではない それでは、アシタカの立ち位置はどうなるのだろうか。森の敵ではない以上、アシタカを人間に分類することはできないが、果たしてアシタカは、旧人に分類し得る存在だろうか? 答えは項題の通り、否である。彼は人間ではないし、旧人…

もののけ姫考察③

●サンにとってのアシタカ アシタカ、ひいては蝦夷の一族は、まさに今、淘汰され、滅びにむかおうとしている一族であり、その点において彼らは、もののけ達と道を同じくしている。 また、狩猟採集民族である彼らは、変わりつつある大和民族とは違い、今なお、…

もののけ姫考察②

●サンの位置付け 1.山犬の娘として サンが果たしてどういう存在であるのかは、かの有名なシーンにおいて、山犬モロが明言してくれている。美輪明宏の声で。以下に引用する。 「黙れ小僧!お前にあの娘の不幸が癒せるのか。森を侵した人間が、我が牙を逃れる…

もののけ姫考察①

本当に、あらすじくらい、wikipediaに任せたらよかった。後悔している。 さて。丁寧かつ詳細な(長すぎる)あらすじ、ご拝読いただけただろうか。もし最初から最後まで、こんがらがることなく読めた未見の人がいるのなら、その人は、すごい。 すごいけど、そん…

もののけ姫のあらすじ

我が名は田吾作!はるか東の海の街より、およそ2時間ぐらいを費やし、この記事を完成させた! アシタカが言わないとかっこよくないね。 ちなみに、「あらすじ」とはいうものの、全然粗くない。むしろ、過剰なまでに詳細である。僕は昔から、あらすじを書くの…

もののけ姫考察 序文

まずはじめに断っておくが、今回の考察文、たぶんネタバレを多分に含むから、嫌な人はここで読むのをやめたほうがいいと思う、たぶん。未視聴の自分、その愚かさを恨んで涙してほしい。 まず作品について、テレビやインターネットスラングなどを通じて、観賞…