読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月24日に、なっちゃったもんは仕方ないと思ってそうした話

 


夜。
帰り道だ。僕は今、帰り道を歩いている。

 

終電の一本前。
今日は月曜日で、明日は火曜日(投稿時点では日付が変わっているだろうが、僕は僕が寝るまで、日付を変えるつもりはない)だというのに、さっきまで乗っていたその電車には、赤い顔して帰路に着いているサラリーマンが、何人かいた。

 


彼らは、社会の歯車である。
不良部品の僕としては、社会を回してくれる彼らに頭が上がらないわけだけれど、月曜からそんな感じで大丈夫なのか?と、心配になる。

 

僕が明日も不良部品であるために、歯車よ、元気に健康で回ってくれたまえね。お願い致します。

 

 

愛用のイヤホンが、TOKIOを流していた。なんかそんな気分だったのだ。

 

宙船でブレイクして、今やあんな感じの(言うまでもないことだ)売れ方をしているTOKIOだけれど、やっぱり本業が一番かっこいい。

 

昔はよくコンサートに行ったもんだけど、チケットが手に入らないようなバンドになってしまってから、ほとんど行っていない。

 

TOKIOについては思い入れと愛着があるし、実は思い出もたくさんあるけれど、今日は別に書かない。

 

 

十三に着いて、乗り換えのために歩いているとき、なぜかは知らないが、踊りだしたくなってしまった。

 


モッシュのような激しいやつではなくて、音楽にノリながら、ふわふわと柔らかく優しく舞うような、そんなダンスが踊りたくなってしまったのだ。

 


今日はお酒を飲んでいないし、別にいいことがあったわけでもないのに、なぜかそんな気持ちになったのである。

 


十三のホームで、電車を待っていた。僕は待ち列の先頭に立っていた。

 

こんなところで・・・と、理性が止めようとする。
が、なっちゃったもんは仕方ない、と思った。思いが理性に勝ってしまったのだ。

 

 

僕はTOKIOを聞きながら、リズムに乗って左右に少し揺れた。足踏みをしながら、片手で拍を取ったりしていた。


流石に今日は酒にやられていない理性だから、それより先へ、僕を行かせてはくれなかったけれど。
後列の人にバレない程度に、僕は僕の欲求を満たしていた。

 

 

最寄駅について、歩きながら、この日記を書いている。まだ家には着いていない。
イヤホンは、TOKIOをやめて、BUMP OF CHICKENを流している。

 

過去が今を照らして未来まで守ってくれるのなら、こんなに心強いことはないね。

 

 

少し周りを気にしながら、くるりと回ってみる。

満たされた、と思った。
信号が青になるのが、遠くの方で見える。

f:id:tagosaku_D_54:20170425003758j:image

4月22日に、何もかもうまくはいかないなと思った話

 

4月21日のブログを途中まで書いて、やめた。

 

書くことがそんなになかったし、何より、昨日の日記を今更書くのもなぁ、という気分になってしまったのである。仕方ない。

せめて箇条書きにして、記録しておこうね、そうしようね。

 

 


●4月21日に、HPが減っているなと思った話(β版)


・8時25分に目が覚めた。家を出るのは8時15分だ。仕方ないので、原付で駅まで行った。200円損した。


・バイトが月末クールに突入した。中旬クールの絶不調が、嘘のように好調。


・帰り道も、ずっとまぶたが重かった。HPが減っているんだな、と思った。


Skype大喜利に参加した。僕はそんなに面白くない。ぺるともさんは何を言っててもずっと面白い。

 

 

 

なんてことだ。

僕の毎日は、箇条書きにすれば、この程度の内容に収まってしまうのだ。ああ、なんてことだ。

 

 


まあいいや。

 

 


今日は昨日の反省を生かして、7時40分に目覚ましをかけた。いつもより5分早め。

 

7時55分に目が覚めた。HPが、若干戻ってきているらしい。

 

 

「なんで前回はMPだったのに、今回はHPなんだろう?」
と、少し疑問ではあるが、まあこれもよろしい。
たぶん、精神的なものか、体力的なものかの違いだろう、たぶん。

 

 

いい天気だったけど、朝はまだ少し肌寒い。上着を着るほどでもないけれど、着ないと肌寒いので、間をとってパーカーを着て歩いた。
それでもなお6:4くらいで、肌寒いが勝っていたけれど。

 


最寄駅から、ずっと寝ていた。
はじめ、WOOPの録音を聴いていたのだけど、ちゃんと聞き入ってしまって眠れず、やめた。

 

ジブリ音楽リストを再生して、うつらうつらしていた。
完全に寝ているわけではないけど、起きているわけでもない状態。好き嫌いはあるだろうが、正直僕は、あんまり好きではない。寝たい。

 


パッと目を開けたら、梅田の駅に着いていて、すでに降車側のドアは閉じられていた。

 

「あぶなっ」
と、小さく声を漏らして、ピャッと電車から降りた。直後、扉が閉まって、マルーンの車体が、神戸方面へと走り去っていった。

 

危うく、昨日より酷い目に遭うところだった。

 

 


時刻通りに出社して、それなりに真面目に働いている。このバイトを辞めてしまったら、ぼくはとうとうニートになってしまうのだから、そういうわけにはいかないのである。

 


隣席のバイト君は、至極態度が悪い。
というか、頭が悪いし、顧客への言葉遣いがなっていないのである。

うちの職場、バイトはそんなんばっかりだ。

 

それでいて隣席君は、声が通るから困る。横でぼくが作業していても、御構い無し。大きな声で応対をする。
一緒に働いていて、あああ・・・っと、なっている。もしや俺は、こいつにMP削られてるんじゃなかろうか?ありうる。

 

 

今日の成績は、かなり良い。

ここしばらくの不調が嘘のような入れ食い状態。

「入れ食いさー!」

と、僕の中の鶴屋さんが笑っている。

 

 

昼休憩に入って、今、このブログを書いている。
少し足を伸ばして、梅田の白丸ベース(一風堂の姉妹店)へ行ってみた。

 

この間、初めて食べたけど、そこそこ美味しいのである。
替え玉無料券を2枚もくれたので、使わなければと思って、足を伸ばしたのである。

 


が、甘かった。
フリーター故の失敗。忘れていた、今日は土曜日だ。
白丸ベースの階段には行列ができていて、どうやら昼休憩中、ぼくがラーメンにありつくのは難しそうだった。

 

何もかもうまくはいかないな、と思った。 

 


残念ではあったけれど、学校帰りらしき素朴なJK(メガネ黒髪)が3人くらいで並んでて、すごく楽しそうにしてたので、まぁいいか、と思った。
諸君、ラーメンを堪能せよ。

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170422151707j:image

この間食べた白丸ベース。シュウマイはいらなかったな、と思う。美味しかったけど、変な匂いした。

三宮の源屋に近いような、長浜ラーメンみたいな味。

 


今日は仕方なく、横手の松乃家に入って、いま、ロースカツ丼を待っている。
目の前に、チャールズおじさん、って感じのおじさんが座っている。

4月17日に、暴力的な食をまた堪能した話

 

ようやく時間軸は、今日にたどり着く。
先項記したとおり、今日はお勤めだったので、朝7時40分に起床した。


珍しく、キビキビと体が動いた。
7時45分には着替えを終えて、それから、もう一度床に就いた。
8時15分に家を出たら、十分間に合うのである。

 


8時10分に鳴った目覚ましは、余計に憎らしかった。
それから8分後に家を出た。

電車には、結構余裕で間に合った。明日から、起床時間をずらして良さそうである。

 


沿道の桜は、ほとんど散ってしまっていた。薄黒い桜色と、葉桜の緑色が、ちょうど程よく混ざりあっていた。

 


昔は過渡期の桜を、汚いものだと思っていた。散った桜が茶色くなっていく様も、なんか切ない以上に汚い感じがして、やだなぁやだなぁと、頭の上にぐるぐるを回していたりした。

 

 

 f:id:tagosaku_D_54:20170418001250j:image


でも最近、美的感覚が変わってきたのか、桜と緑のコントラストが、なんだか美しく思えてきた。
空の青と合わさると、初夏の訪れを思わされて、少し陽気な気分にさえなる。
夏が早く来ないかなぁ・・・最近いつも、こんなこと言ってる気がする。

 

 


お勤め中、派遣更新に関して、ゴチャゴチャしてしまった。
どうやらこのままだと、4月末でクビになってしまうらしい。

5月まで更新してくださいと頼んで、いいよといってもらえたので、まだしばらくはフリーターであります。ニートではない、ニートではない。

 

 

お昼ご飯、ガツンとしたものが食べたくなって、マクドナルドまで足を運んだ。派遣先から、少し遠いけれど、休憩時間中に行けない距離ではないのだ。


お目当ては8年ぶりビーフの新バーガー、グラン。種類が3つあったけど、値段のこととかあって、グランベーコンチーズのセットにしました。

 

 

 f:id:tagosaku_D_54:20170418001303j:image

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170418001319j:image


なんともまぁ、暴力的な食である。
ポテトを写真のように広げるのは、兄弟が多かった故の癖、子どもの頃からの習慣だ。分け分けするための知恵・・・いや、恥餌かなぁ。

 

 


食べた感想。
「昔のハンバーガーみたいな味だ、うまい」
です。

 


いまなお若い僕が子どもの頃、食べてたハンバーガーはこんな味だったはずだ。
ベーコンとチーズは入っていなかったけど、これくらいジューシーで、しっかりとお肉の味がしていたのだ。

 


今はどうだろう。写真詐欺とかなんだとか言われて、実際ひどいひどい内実である。
うっすいうっすいお肉が、カチカチのバンズに挟まれて見えなくなっている。遠目に見たら、コッペパンと見分けがつかなかろう。

 


僕はマクドナルドが好きだけど、高くてまずいファストフードを、いったい誰が好んで食べるのか、不思議でならない。猛省してくれ、日本マクドナルド

 


グランを食べ終わってから、100円マックハンバーガー単品を食べて、余計に虚しくなってしまった。
なんでこんなことになってしまったのだろう・・・ポソポソ。

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170418001355j:image

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170418001405j:image


しかも、メニューがさらにたちが悪い。
ろくな売上にならないのだろう。100円マックの項目が、写真もなく、こんな片隅に隠されているのである。信じられない。

 


3月26日のTEAM ROCKブログにも書いた。ぱっと見でみつからなくて、注文することができなかったのである。

 


はっきり言おう、これはクレーム、明らかなクレームだ。
このブログが、日本マクドナルドの目に留まればいいんだけどなぁ!!

 


虚美味しい気持ちを味わってから、派遣先へ戻る。19時過ぎまでボチボチ働いて、帰った。

 

 


ビルの外に出たら、ものすごい雨が降っていて、商店街のアーケードの隙間から、スバスバと霧吹きのように雨が吹き荒れていた。

 

 


くるりと踵を返して、地下から帰った。

 


梅田から、各駅停車に乗って帰った。ちょうどいい電車が、それしかなかった。

 

f:id:tagosaku_D_54:20170418001434j:image

 

車中で邪魔にならないように、ミルクコーヒーを飲んでいた。美味しい。高いけど。 

 

 

僕は開くドア側に立っていて、園田の駅で、暴風雨に濡れてしまった。まさか電車の中まで入ってくるとは思わなかった。

 

 

最寄駅に着いても、雨は激しさを増すばかり。久しぶりにバスに乗って、帰った。日課の神社参りは諦めた。神様ごめんなさい。

 

いや、本当は神様なんていなくて、神があるだけなn


政治と宗教の話はNG!

 

 

 

携帯から、文字サイズや色を変える方法を知ったので、試してみた。

 

 

 

帰宅して、飯を食って一息ついていたところに、博士の生い立ちさんからDMがきた。よかったらSkype通話しません?というお誘い。

 

あまりサシで絡んだことがなかったので、少し驚いたけど、嬉しかった。

 


少しだけお酒を用意して、チビチビやりながら、大喜利のこととか、お互いの最近のこととか、お話しした。
僕は電話越しだと気が大きくなってしまうので、ベラベラと余計なことまで話してしまった。ごめんなさいね、生い立ちさん。

 

神様の次に謝る相手が、まさか生い立ちさんだとは思わなかった。


生い立ちさんと通話をして、もうちょっと大喜利の審査を真面目にやらないとなぁ・・・と感じた。
ボケ問答に参加できなくなったのは、その報いなのかもしれない。


いや、違う、システムバグだ。こんちくしょう!

 

 

なお、今のは5 7 5になっています。

 

 

 

23時前、通話を終えて、怪談大喜利の結果発表キャスを聞いていた。一番自信ある回答は選ばれなかったけれど、初めて秀逸回答に選ばれて、嬉しかった。
また後で、今回の怪談回答とか、ブログにまとめようと思う。そういうこと、いままでしたことないんだけど。

 

 

いま、結果発表キャスが終わったので、ブログを更新した。風呂に入って寝よう、と思っている。

4月16日に、暴力的な食を堪能した話

 

今日明日と、お勤めである。
明後日はお務めであるから、もし昨日がお勤めだったなら、勤勤勤務という並びが完成していたのである。


が、昨日はお休みであった。残念。
なお、勤勤勤務の並びは、21〜24で完成する予定なので、心配はいらない。

 

だいたい完成したところで、変わることも良いこともなんにもないやなんだから、心配する理由はないのである。

 

 

むしろ、もう4月のお休みが1日もないことを心配してほしい。
自堕落学生だった僕には、なかなかきつい。

収入も少なくて休みもないなんて、なんというブラックライフだ!
未来を明るくするために、今のブラックをなんとか耐え抜きたい所存。

 

 

昨日はお休みだったので、お友達と久しぶりに会ったりしていた。
久しぶりとはいえ、たかが1ヶ月やそこらだから、お互いそんなに変わらない。

 

 

いや、これも違う。立場はだいぶ、変わってしまった。
彼は日曜定休のちゃんとした仕事に就いた、立派な社会人、公務員、社会のワンちゃんである。彼はこれから、税金で飯を食うのだ。日曜も働け!!

 

 

なお、かくいう僕は、税金を納める余裕もないフリーターであり、社会の歯車ですらない、底底底辺の人間である。

 

犬の餌にもなれない存在、夫婦喧嘩のようなものだ。社会のワンちゃん万歳、君たちのおかげで、僕のようなクズが呼吸を許されているのである、頭を下げ続けよう。

 


そのとおり。
毎日がお休みみたいなものだから、友達からの誘いにも、すぐさま反応できるのだ。
嬉しいような哀しいような、いや、情けないよな、これは。

 

特に何をしようという予定でもなかった。タダ券があるから、サーティーワンに行こうという予定ぐらいしか、決まっていなかった。

やたらワンが好きなワンちゃんだな。

 

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170417224323j:image

 

暴力的な甘さだった。
甘いのは嫌いじゃないから、それもまた良しではあるのだが、あんまりにも甘い。甘すぎる。
もしこのアイスにコーヒーを添えるとしたら、ブラック以外考えられない。
甘めのカフェオレなんか持ってこられた日には、喉が焼けて死んでしまうだろう甘さ、それほどの甘さだ。

 

 

ワンちゃんは、なんかフルーツ系のフレーバーを楽しんでいた。
一口もらったが、なかなか爽やかなテイストで、これを同じお姉さんが、同じ笑顔で提供してくれたのかと思うと、彼女の二面性に驚いてしまう。
彼女の中に眠る暴力性と爽快さ。

 


そういえば、サーティーワンアイスクリームって、正式名称じゃないらしい。
バスキン・ロビンスやて。ワンピースのキャラクターみたいな名前ですね。

 


またワンやんか。

 

 

それから、僕の下宿先を相談したりしていた。ワンちゃんの身内に不動産屋がいるので、いくつか調べてきてくれたのだ。ありがたや。

 


でも、いい頃合いの物件は見つからなかった。やっぱり、その街まで行って、その街の不動産で尋ねるのが一番らしい。めんどくさいなぁ。

 


それから先は、特に記すべきこともなく、お友達との時間を楽しんだ。酒を飲んだり、電車に揺られたりしていた。

 


家に帰ってから、ふと村上春樹が読みたくなって、読みかけだった『神の子供たちはみな踊る』に手を伸ばした。

 

 

「彼の作品の魅力は、1000の言葉を紡いで、0を作ることなのだ」
と、昔ある人が言っていた。

 


僕はハルキストじゃないので、詳しいことは言えないけれど、わかるような気がする。

 

ジブリの『風立ちぬ』や『かぐや姫の物語』を見たときに、似たような気持ちになったのを覚えている。
何が良いのか聞かれると困るけれど、何か良いのだ。雰囲気というか、空気というか、そういうようなものが。

 

 

この辺の話題はまた、別の記事で書くことにしようと思う。

 

花粉のせいなのか酒のせいなのか、目がずっと重く、痛かった。
目をつぶって、ギターをガチャガチャやってから、風呂に入って眠った。

 

 

ここまで書いて、「結構たくさん書いたな」と思った。

二つに分けようとしたところで、博士の生い立ちさんから着信。

4月15日に、少しサボっていたブログを再開させた話

 

ブログを始めてから、更新間隔がこんなに空いたのは初めてかもしれない。


とはいえ、1週間も休んでいないのだ。反省するほどのことでもない。
何より、個人の趣味ブログなんだから、反省する謂れも、誰かに責められる覚えもない。
僕は省みないのである。

 

 

バタバタバタバタしていた。
バタバタバタバタでは足りないくらい、バタバタバタバタしていたのだ。バタバタバタバタでは足りないくらいだから、バタバタバタバタバタとしていた、が正確なのである。

 

 

お務めがあったりお勤めがあったり、大変だったのだ。気を使ったり、体力を使ったり。

 

 

そういえば未来杯以来、僕は務めと勤めがややこしいので、オムメとオキンメって読んでいる。聖書に出て来そうな響きですね。
あなたにも是非ご採用願いたい。

 


4/9からの1日1日を、一つ一つ振り返って行くような余裕も気力もないし、
またここに書いて面白くなるようなことも、特にはない。

 

「これをブログに書こう」
と思っていたことや、そのために撮った写真が溜まっていたりするけれど、どの写真がいったいどの日の何だったのか、自分でも分からなくなっているのだ。


情報整理能力がないなぁ・・・と、ここで初めて僕は反省するのである。
猿でもできることを、ようやく。

 

 

この際だから、時系列なんか無視して、ここ数日思ったことなんかを乱雑に、過剰に箇条で斯様に書き連ねることとします。別に構わんでしょう。

時系列なんてクソをくらってしまえ!

 

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170415200838j:image
・最寄駅の善意は返却されていた。わが町の善意も捨てたもんじゃないな、と思った。

 

 

筒井康隆が炎上していた。彼に不謹慎と叫ぶのはナンセンスだけど、当該ツイートを削除してしまったあたり、筒井翁も老いたのだなぁと思った。

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170415201624j:image

 

f:id:tagosaku_D_54:20170415201714j:image

・今年の桜はしぶといし、実は葉桜も美しいんじゃないか?と思う。

 

 

・下宿を探している。風呂トイレ別で、3.5万くらいの部屋、ないかなぁ。ないよなぁ。不動産関係の方、いませんか?

 

 

・2017年の歴史を、未来の史学者たちは、どんな顔で眺めるのだろう。

 

 

・4月13日に、大変なことが起こった。あまりにも大変で、ここには書けないけれど、僕はもう生大喜利に出られそうにもない。

 

 

・夢にすかいどんさんと、イコリハイミランさんが出てきた。お二人としっかり話したことは、ほとんどない。気づいたら2人ともいなくなっていて、僕は地下鉄で帰路に着いていた。

 

 

昔好きだった女の子から、就活の相談をされる。僕に聞く理由がわからないけれど、もう僕は彼女を以前ほど好きになれないのだな、と思う。

 

 

・4月15日に、久しぶりにブログを書いた。これくらいの更新頻度でもいいかな、と思う。ブログを更新していない時、僕の現実は相当充実しているのだから、あなたもどうか喜んでください。

 

 

・いま、河原町の駅について、ブログを書く手を止めた。

4/8に、春雨じゃ!と思った話

 

お勤めが終わって、生乾きの蒸れた足を引きずりながら、帰路に着いた。


引きずりながらというのは比喩ではなく、実は本当に、足を引きずっていた。
いわゆる、びっこをひく状態というやつ。


なんでそんなことになっていたかというと、実は僕、いまものすごい筋肉痛に襲われているのである。

 

 

昨日の奈良行きで、とある事情から、50mほど全力疾走する機会があったのだが、
ただそれだけの運動によって、僕のハムストリングスがやられてしまったのである。

 

朝起きた時点で(さっきのブログを書いていた時点でもそうだ)、臀部が痛くて起き上がるのが億劫になるほどだった。

家から最寄り駅までの雨路で、ジーン・ケリーごっこをやれなかった第三の理由が、これである。

 

 

何が情けないって、これでもかつては運動部に所属していた人間だというのに、たかが50m、時間にして10秒にも満たない運動によって、こうもボロボロになってしまうものかね?

 


あな、情けなや。
筋肉痛が遅れて来なかったことだけが、まだ若い印であり、救いである。南無三。

 

 

 

こういう日のために、「雨」というタイトルのプレイリストが用意してあって、通勤退勤はずっとそれを聞いていた。

 


奥田民生『雨男』を聴きながらウトウトしていると、
RCサクセション『雨上がりの夜空に』にぶち起こされたりして、
プレイリストもいいことばっかりじゃないな、と思った。清志郎は格好良かった。

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170409011519j:image

 


最寄り駅の善意は尽きていた。
幸い僕は傘を持っていたけれど、以前、善意を借りようと訪ねてきた時の絶望を覚えている。
今日なんか雨の予報だったんだから、持ってこいよなぁ、と思う。

あるいは、濡れて帰れ。なんのなんの、春雨じゃ!

 

 

でも僕は濡れたくないので、大きめの傘を差して帰った。

 

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170409011527j:image


影がカレーパンマンみたいになっていた。
カネゴンにも見えるし、もう少し持ち上げるとキノコみたいにも見えたが、
ややこしくなるので、今回はカレーパンマンということにするのだ。

 

 

僕は雨男なので、歩けば歩くほど雨脚は強まったし、帰宅した途端に雨は止んだ。

母が泊まりがけで出かけているので、家には誰もいなかった。風呂を入れて、温まった。

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170409011540j:image


白と紺のスニーカーを、暖房の前で乾かした。


さっき寝室に行く前に触ってみたが、まだ結構湿っていた。明日まで乾く保証は、ない。


1日も早く、夏が来ないかなぁと思う。
それもこれも、悪いのは春雨じゃ。春雨なのじゃ。

 


僕は決して春雨に濡れない人生を歩もうと決意して、床に着


尻が痛いっ!

4月8日に、なんぼ春雨でもなぁと思った話

 

雨が続いている。
昨日は奈良に行く予定があったのだが、奈良もパラパラと雨だった。

いまごろ満開なのであろう桜を、ゆっくり眺めることもできず、せかせかと時間だけが水に流されていく。

 


ジーン・ケリーなんか聞きながらばちゃばちゃと、夢見心地で雨に唄って見るのも悪くはないが、
それをやるためには、ほんの少し年を取りすぎているし、見た目も生き方も普通すぎる。

 


何より、今日は靴が悪い。
普段履いてる紺色のスニーカーが、昨日の雨でぐちょぐちょになってしまったから、今日は以前履いていた白のスニーカーを、緊急再登板させている状態なのである。

 

 

f:id:tagosaku_D_54:20170408171621j:image

 

 


紺色のスニーカーは、去年の晩夏に購入したもので、つい最近、右足の裏に亀裂が入ってしまったのだ。
それゆえ、右足だけとはいえ、水が入り込んでしまって、具合が悪い。

 

だがしかし、今日履いている白のスニーカーは、それ以上に穴だらけである。右足も左足も、最寄駅に到着するまでの間に、侵されてしまった。

 

 


駅に着いてから靴下を履き替えたが、すでに靴それ自体が敵の手に渡っている状態であり、靴下を変えるなどというのは、なんの悪あがきにもならなかった。

 


そういうわけで今 ーつまり、15時45分現在ー 、僕の足はかなりふやけている状態なのである。

 


春雨じゃから濡れて行こう、とは古人の風流であるが、残念ながら、本日の雨はなかなかに、冷たい。

なんぼ春雨言われましても。

 


早く夏にならんかな、と思う。
嫌いな季節はひとつもないけれど、どうしても夏を贔屓してしまうのだ。

 


でもそれは、これまでの夏がずっと、楽しかったり、素晴らしかったり、そんな季節だったからだろう。

 

僕にはもう二度と、夏休みという時間は訪れないのであるから、夏に対してのイメージだって、変わってしまうかもしれない。

 

 

夏休みはもう二度とこないし、夏はあと50回くらいしかこない。

春も秋も、冬だってそうだ。誰しも人生のリミットは、そう遠くない。

 


死んだらどうなるのかなと、考えて考えては、答えが出ないで怖くなってしまいますね。

 


季節の話からここまで飛んでしまうかねぇ。物凄くありきたりで、どこまでもいつも通りな僕です。

 


夏なら、靴も乾いたのになぁ。